スマイリングホーム メディス北越谷

    top1

    TOP 2

    写真1

    写真2

    写真3

    写真4

    写真5

    写真6

    写真7

    写真8

    写真9

    写真10

    写真11

    写真12

    写真13

    写真14

    写真15

    写真16

    写真17

    写真18

      

    ◇◇◇

    スマイリングホーム メディス北越谷の施設長・岡田桐子さんからお話を伺いました。

    Q:こちらの施設の特徴・アピールポイントをお聞かせいただけますか?
    A:24時間看護師がついています。そのため、要介護・要支援の認定を受けた方ならどんな方でも入居できます。そして看護師だけでは医療行為ができませんので医療機関とも提携しているので安心です。お食事については業者に委託をせず調理師もすべてこちらで雇用していますので、入居者の方の健康状態に合わせて直接指示することができます。中間マージンがかからない分、入居者の方には美味しいお料理を食べていただきたいですね。あとは元荒川沿いにあるので居室から川原の桜がきれいに見えます。

    Q:住宅環境で何か工夫されていることはございますか?
    A:入居に関しては必要最低限のもの、衣類のご準備だけ大丈夫です。おむつについて、外部から持ち込みの際は破棄する際に「産業廃棄物」の扱いになるため、廃棄料1枚108円(税込)かかります。30枚など大量に持ち込むと30枚分の廃棄料金がかかりますので、当施設内で購入された方がお安く済む場合があります。是非ご検討・ご相談ください。

    Q:普段の生活支援の際に心がけていることはございますか?
    A:当施設はどちらかというと重度の要介護を必要とされる方が多く、自らコールが押せない、思ったことを話すことができない、人工呼吸器装着の方もいらっしゃいます。必要な時に必要なケアをすることはもちろん、全て個室なので入居者の方が不安にならないように部屋の前を通る際は、こまめに様子をみてお声をかけるようにしています。

    Q:この業界に入られた理由・キッカケなどをお聞かせいただけますか?
    A:私自身はもともと栄養士として保育園や学校給食で働いていました。認知症の方が入院する病院で働いたこともあります。時代とともに高齢者の方が増えたこと、やっぱり人間として最期まで口から食べていただきたい、「おいしかった」と言ってもらえる食事をしてもらえたら理想的だなと思いここにいます。

    Q:介護業界に入って良かったと感じた出来事はございましたか?
    A:ありきたりかもしれませんが、ちょっとしたことでも「ありがとうね」と言ってもらえたとき、ご自宅を介護用に改修する期間だけ当施設を利用された方が「もうちょっと居たかった」など退居時に言ってもらえると本当に嬉しいです。普段から感謝される仕事ってなかなかありませんよね。

    Q:今後、こちらの施設の運営に力を入れていきたい事はございますか?
    A:地域に根差した施設を目指しています。当施設を利用していなくても困っている方ならどなたでもOK、身体は元気なのに自宅にこもりっきりの高齢者の方が気軽に当施設へ来てお茶を楽しめて、カラオケができるような共用スペースなどを作りたいと思っています。

    Q:最後にご入居をご検討されている方達に向けて、メッセージがありましたらお願いします!
    A:介護のことで困ったとき、不安なことはご家族だけで悩まないでください。介護保険や申請のやり方などたくさん方法はあります、当施設をご利用予定でない方も是非ご相談ください。当施設では1泊10,800円(税込)の短期ステイにも柔軟に対応しています。もちろん、準備するものは着替え程度で大丈夫です。是非ご活用ください。

    ありがとうございました!

    施設名
    スマイリングホーム メディス北越谷

    種別
    介護付有料老人ホーム

    所在地
    越谷市北越谷3-8-20 (地図

    最寄駅
    東武スカイツリーライン線 北越谷駅

    電話番号
    048-971-3405

    駅からの送迎
    あり 事前予約必要

    駐車場
    あり

    施設開所日
    平成17年2月1日

    入居時費用
    0万円

    月額費用
    26.8万円 ~   ※ 税込

    施設公式サイト
    http://www.greenlife-inc.co.jp/facility/medis_kitakoshigaya/

    運営事業者名
    グリーンライフ東日本株式会社

    ※記事は2017年2月時点のものです。


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る